菅原仰

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅原仰(すがわら たかし、1920年 - )は、物理学者。

経歴[編集]

東京出身。1942年東京帝国大学理学部物理学科卒、名古屋大学講師を務めた。

著書[編集]

  • 『相対性理論』 日本科学社(学生叢書) 1948
  • 『力学史』 小山書店(初等物理学講座 E篇 1) 1957
  • 『力学史』 ダイヤモンド社(新物理学講座 E篇 1) 1963

翻訳[編集]

  • エンゲルス『自然弁証法』全2冊 寺沢恒信共訳 国民文庫社(国民文庫) 1953-54
  • 『原子論 : ソヴェト大百科事典』 国民文庫社(国民文庫) 1955
  • J.D.バナール『科学と産業 : 19世紀における』 岩波書店 1956
  • フランツ・ボルケナウ『封建的世界像から市民的世界像へ 第2』 水田洋, 竹内良知, 元浜晴海, 山田宗睦, 田中浩共訳 みすず書房 1965
  • エンゲルス『自然の弁証法』全2冊 大月書店(国民文庫) 1970
  • マルクス『数学手稿』 大月書店 1973