出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

(ちゃ)は、ツバキ科の常緑低木で暖地に自生する。葉が飲料用に利用される。

日本における茶の起源としては、延暦24年(805年)に最澄空海とも)が支那から種子を持ち帰ったのを起源とする説や、史前帰化植物、日本に自生する等の説もある。