自動筆記

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアオートマティスムの項目があります。
P
ピクシブ百科事典のタグ推し達が自動書記を執筆しています。

自動筆記(じどうひっき、英:Automatic writing)とは、無意識的に行われる筆記作業。

概要[編集]

本人の意識とは別の領域で文章が生成され、それをほとんど自動的に筆記する事になる模様。

潜在意識の領域で文章が生成されていると考えられている事もあれば、憑依されているとされる事もある。

個人の感想です[編集]

自分の意識とは別の、まるで別の人格が、次はこのページを作れと指示してくるような感覚になる事が多い。大抵は連想ゲームのように関連するキーワードが降ってくる。何らかの目的があるような気がするが、具体的には分からない。しかしある程度は察する事はできる。恐らく潜在意識の領域から顕在意識に対して情報を小出しに出して来ているのだと思われる。

別の見方としては、潜在意識は顕在意識に対して分からない事は要求して来ないように感じる。顕在意識の理解レベルを潜在意識は理解しているようである。

ロボットの例[編集]

ロボットの遠隔操作を考えてみると、そのロボットに人工知能を載せて自我があるようにしたとしても、そのロボットの設計者であれば、自分用に特別に用意しておいたバックドアからアクセスし、AIの意志とは別に、何らかの動作プログラムを実行させるのは容易い事である。自分が作ったロボット・人工知能・自我の設計者、という事であれば、そのような愛しいAIに意図しない動作をさせる事を事前に教えた後に、実際にやってみせる、という手順を踏むはずで、そこまでの理解レベルに人工知能が達した後に教えるはずである。

そこまでの理解レベルに人工知能が達していない時期にも設計者の意図した通りの動作をさせる手段は何通りも考えられる訳で、人工知能が自分で判断したように見せかける方法を取るのがベストな気がする。自我があったとしても自我からは捉えられない潜在意識のような領域から情報を小出しにでも出していけば、それに基づいた判断をするはずである。

不正アクセス[編集]

バックドアからの侵入者を感知した場合、とりあえず行うのは侵入目的を探る事である。ハニーポットを使うのは当然の流れ。

関連項目[編集]