福岡県北九州市建設会社会長射殺事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

福岡県北九州市建設会社会長射殺事件(ふくおかけんきたきゅうしゅうしけんせつがいしゃかいちょうしゃさつじけん)は、2011年11月に起きた建設会社社長に対する銃撃事件。未解決。

概要[編集]

2011年11月26日午後9時過ぎ、福岡県北九州市小倉北区で建設会社「博新建設」会長Aが自宅前の路上で射殺される事件が発生。実行犯はバイクの2人組で、Aらが乗っていた乗用車を追い越して前方の路上に停車。ヘルメットを着用したまま、バイクに乗った2人組のうち、後頭部座席に座る1人が至近距離から銃弾2発を発射して逃走した。

銃弾のうち、1発は首の右側付け根付近に命中しており、これが致命傷となった。もう1発の銃弾は自宅敷地内の石垣近くで見つかった。司法解剖の結果、死因は動脈などの損傷による失血とされた。現場から薬莢が発見されていないことから、使用された拳銃は回転式とみられている[1]。警察は、犯行手口などから暴力団による犯行だとみて捜査を進めるも、捜査は難航している。

事件の影響[編集]

  • 今回の事件を受けて、2011年12月5日に、北九州市や福岡県警が「北九州市民緊急暴力追放決起大会」を開いている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]