神戸ルミナリエ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

神戸ルミナリエ(こうべるみなりえ)とは、神戸市の旧居留地において、1995年から毎年12月に行われている祭典、または電飾されている場所を指す。毎年、阪神・淡路大震災で亡くなった人を鎮魂・追悼するもの[1]であり、沢山の観光客が訪れている。

概要[編集]

神戸の街のメインストリートとなっている中町通を約120mのイルミネーションのアーチが並んだものが貫いている。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

問題[編集]

  • ルミナリエの中町通の中ではあまりゆっくりイルミネーション等が見られず、そのくせ外では一時間待ちなどとなってしまうため、あまりゆったりできない。
  • また、混雑するため神戸市は警官を配置している。またJR西日本新快速臨時列車を出している。
  • 2018年度には、来場者がペットボトルで「写真映え」のため地面に水を撒いていた事が分かった[2]

脚注[編集]

  1. 実際はイルミネーションを楽しむ目的のみで来ている人も多く、混雑する事が問題になっている。詳しくは「問題」の節を参照のこと。
  2. 「写真映え」求め迷惑行為 神戸ルミナリエで水まき撮影 - 産経新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]