盛林堂書房

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

盛林堂書房(せいりんどうしょぼう)は、東京西荻窪にある古書店。出版部門は書肆盛林堂

概要[編集]

近現代文学、ミステリー、絶版文庫、映画、音楽などを取り扱っている古書店[1]。1949年(昭和24年)9月1日に創業した[2]。2003年(平成15年)に跡を継いだ二代目店主は、創業者である祖父が突然亡くなったので訳も分からないまま継いだが、次第に古書店経営にはまっていったという[3][4]。2011年(平成23年)12月10日に店内に「古本ナイアガラ」という常設棚ができた[5]。ここでは「不忍ブックストリート」で開催された「一箱古本市」の出店者に棚を貸しており、有名な古書店探索ブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパン」の管理人は「フォニャルフ」の屋号で本を並べている。2013年(平成25年)から「書肆盛林堂」の屋号で「盛林堂ミステリアス文庫」というミステリー・幻想文学の叢書を刊行している。「盛林堂書房」名義でも出版活動を行っている。

アクセス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]