生きたメキシコ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生きたメキシコ(い-)とは、メキシコのギャングがとある親子とある男性を嬲り殺すグロテスクな動画の俗称である。原因は、メキシコ麻薬戦争

概要[編集]

「検索してはいけない言葉」と検索したことのある人はこのワードを見たかもしれない。あまりにもグロテスクな動画なのでモザイクが施されている...はず...だが。
実際、「生きたメキシコ」単独ではモザイクなしの動画は見つからない。「生きたメキシコ 無修正」「生きたメキシコ カルロ・グローチェ」と検索し様々なネット記事を見ると、無修正動画へたどり着くだろう。しかし、閲覧しないことを強く勧める。声だけ聴くのであればYoutubeを利用したほうがよい。

親子[編集]

ある親(父)子は、メキシコのギャングにつかまり目隠しをされる。最初親はのこぎりで首を切り刻まれる。父の言葉にならないほどの悲痛な叫び声の後、子供は皮を剥ぎ取られ心臓付近に穴をあけられ、生きたまま心臓を取られ見せられる。そして二人とも失血死をするのだ[1]。このように致命傷を与えずにじわじわと嬲り殺すのである。恐ろしいものだ。

外部リンク[編集]

  • グロテスクな動画へのリンクは敢えて載せない。
  1. https://leisurego.jp/archives/304726/2 生きたメキシコとは衝撃のグロ動画!残虐事件の背景はメキシコ麻薬戦争、2020年5月23日閲覧。なお、グロテスクな動画は貼付されていない。