王溢正

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 溢正(ワン・イーゼン、Yi-Cheng Wang, 1985年10月9日 - )は、こんな選手台湾屏東県出身のプロ野球選手投手)。左投げ左打ち。

中日ドラゴンズからボルチモア・オリオールズに移籍した陳偉殷の後継者として、台湾球界時代からその才能を高く評価されていた選手。2009年秋に横浜ベイスターズに練習生として加入し、同年12月に契約。2012年には2月に放送された報道ステーションで専属キャスターの工藤公康(現・福岡ソフトバンクホークス監督)がキャンプで視察した際、「(王溢正は)腕の振りがいい」と絶賛された。この年先発として1軍で6試合に登板したが、防御率8.88で勝利投手にはなれなかった。2013年にはWBCチャイニーズタイペイ代表に選出されたが出来れば無関係を装いたい炎上振りを見せてしまった。

結局このシーズンの途中にベイスターズを自由契約となり、台湾球界に戻った。2016年2017年には日本代表の強化試合に先発し、2017年は(日本代表の炎上もあり)王が勝利投手となった。さらに、所属するLamigoモンキーズが楽天への身売りで楽天モンキーズとなったため、やはり日本とはそれなりに縁の深い選手である。とても無関係を装うのは難しい。