(*^◯^*)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニコニコ大百科ではプレミアム会員がお金をかけてまで(*^○^*)の記事を執筆しています。
P
ピクシブ百科事典のタグ推し達が(*^◯^*)を執筆しています。

(*^◯^*) とは、顔文字の一種。名前は「ポジハメ」。

横浜DeNAベイスターズのファンが愛用しているほか、ベイスターズをポジティブに応援するマスコット的存在にもなっている。なんJ民をはじめ、インターネット上で広く使用されており、スポーツ新聞やDeNAの公式ツイッターでも用いられたことがある。

その名の通り、試合に負けるなどマイナスな事態になっても「明日は勝てるんだ!(*^◯^*)」などと、ポジティブな発言をする。語尾は「~なんだ」。

名前は「ポジティブなハメカス」という蔑称が元となっており、使用には注意が必要である。DeNAのスポーツ関連公式Twitterアカウントでツイートされた際には、相次ぐ指摘を受け該当ツイートを削除し、「呼称は使わず顔文字のみ使用を継続する」という対応を表明している。

この他「ネガティブなハメカス」こと「ネガハメ」(ヽ*´○`*)や、「ポルハメくん」「グロハメくん」「キモハメくん」「ポジハメくん(アローラのすがた)」などと呼ばれる亜種 (*´༎ຶ۝༎ຶ*)がいる。

ちなみに、ポジハメくんの口の部分は「○」(記号の丸)であり、数字の0にした(*^0^*)や半角の小文字oにした(*^o^*)などは「誰だお前!」などと突っ込まれるのがお決まりである。

経緯[編集]

なぜこんなポジティブなキャラが定着してしまったのかというと。

2013年3月8日、Yahoo!知恵袋にこんな質問が投稿された。

WBC台湾代表のワンイーゼンは今日でますかね?
横浜ファンの僕にとってはワンイーゼンが唯一の横浜からのWBC代表なので横浜にもこんな選手がいるんだ!と全国に発信して欲しいんです(*^◯^*)

当時の質問

国際大会であるWBCの日本代表に、横浜DeNAからは1人も選出されなかったため、台湾代表として出場した王溢正(ワン・イーゼン)が「唯一の横浜からのWBC代表」となったわけである。

王溢正はこの日の日本戦には出場しなかったものの、翌日のキューバ戦に出場。7点を追いかける6回裏、1アウト満塁のピンチで登板したものの、2点タイムリー二塁打、2点タイムリー二塁打→2ラン本塁打と3連続長打を浴び、1アウトも取れずに降板。傷をさらに広げる結果となってしまった。

出来れば無関係を装いたい炎上ぶりですね。

当時の質問への回答

結局、知恵袋の質問にはこんな回答が付いてしまう。これが当時のDeNAらしさを象徴するとしてなんJで大流行。この顔文字が質問文にあった「横浜にもこんな選手がいるんだ!」の口調とともに、ネット上をはじめ現実世界にも一人歩きすることとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]