民俗学

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

民俗学(みんぞくがく)は、風習や習慣、民話、言い伝え、行事(宗教行事を含む)、生活用具、家具、家屋など古くから人々の間で伝えられてきた有形、無形の資料をもとに、歴史の流れの中で人間の営みがどのように変化してきたのかを明らかにするとともに、過去の営みの延長線上にある現在を説明する学問である。

概要[編集]

近代化、グローバル化が進み民族固有の文化が失われていく中で、消えゆく伝統文化に対する愛着とグローバル化に対するアンチテーゼとしてのナショナリズムが結びついて誕生した学問で有り、日本では柳田國男折口信夫が作り上げた学問と言っても過言で無い。