毒親

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毒親(どくおや)とは、子供を利用したり子供の人生を支配する等、子供にとって破壊的な影響を及ぼす親の事。

毒親の傾向[編集]

自己中心的
子供を自分の所有物のようにしか見ておらず、子供をダシにするのは普通で、子供の人間関係も利用しようとする場合もある。
聞く耳を持たない
都合の悪い事は聞かなかった事にする傾向があり、証拠を交えつつ論理を展開してもまるで聞く耳を持たない。
子供っぽい
落ち着いて話し合いをする事ができず、都合の悪い事を言われるとすぐに怒りの感情を出し、話し合いができない。
児童虐待の加害者になる
子供を教え諭す事ができず、子供が言うことを聞かないと「親の言うことが聞けないのか!」などと暴言や暴力に出る。
世間体が大事
子供よりも世間体を維持する事が大事らしい。毒親が恐れているものは世間体らしい。

毒親の影響[編集]

  • が欠けている状態になる模様。

毒親が毒親になった経緯[編集]

  • 毒親もその親の影響を色濃く受けており、毒親の親も毒親だったりする。
  • 「親の未熟さ」が問題の本質のようだ。

毒親への対処[編集]

  • 知識的にかなり格差がある場合、親ではなく子供と見て、優しく教え諭した方が対処しやすいかもしれない。
  • 毒親自体も機能不全家族で育ってきている場合、必要としているのは子供からの保護なのかもしれない。立場が逆転している感じはするが。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦コトバンク