桜井誠 (活動家)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜井 誠(さくらい まこと、1972年昭和47年〉2月15日[1] - )は、日本政治活動家日本第一党党首、行動する保守運動代表。元在日特権を許さない市民の会会長。蝶ネクタイとサスペンダー、メガネがトレードマーク。

来歴[編集]

彼は1972年2月15日、日本の福岡県北九州市で生まれた。

政治活動に身を投じた当初は、いわゆるネット右翼として、彼はインターネット上でDoronpaっていう名前で活動していた。

2006年に在日特権を許さない市民の会という右派系市民団体を作った。対レイシスト行動集団(旧・レイシストをしばき隊)などと激しく対立する。

2016年に東京都知事選挙に出馬。同年、日本第一党という政治団体を結成し、現在に至るまで代表として活動している。

行動[編集]

彼は、何も悪いことをしていない弱い人間を誹謗中傷したり、人種差別を行ったりするレイシストであると、反対派からは見られている。が、一方で自身が誹謗中傷されたら被害届を出すこともある。

脚注[編集]

  1. 平成28年東京都知事選挙選挙長告示第2号「東京都知事選挙における候補者の届出」Icons-mini-file acrobat.gif PDF」 、『東京都公報』平成28年増刊64号2016年7月15日、 1頁、2018年8月2日確認。

関連項目[編集]