東京新報社

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

株式会社東京新報社(とうきょうしんぽうしゃ)は、日本の新聞社、出版社。新聞『東京新報』を発行。所在地は東京都千代田区神田神保町2-4印章会館4階。関連会社に株式会社時事ジャーナルがある(札幌市中央区)。

『東京新報』は東京都政や社民党民主党労働組合の動きを報道している。月2回(1日と15日)発行、モノクロタブロイド版、1部250円。2006年5月時点の発行部数は約3000部[1]

歴史[編集]

東京新報は1971年4月、日本社会党東京都本部の選挙機関紙として創刊された。数年後、美濃部亮吉革新都政の終焉や資金難などにより発行が行き詰まり、1977年5月、社会党都本部千代田総支部副委員長の伊達良則に売却され、株式会社東京新報社として独立した。社会党に対しては是々非々の立場を取り、1987年の東京都知事選では社会党都本部が擁立した候補ではなく、現職の鈴木俊一知事を支持した。その結果、伊達ら3名は党から除名され、これにより、東京新報は実質的にも社会党から独立することとなった。以降は「「社民リベラル」勢力を応援する姿勢」「民主党や社民党を「外から応援する存在」」だとしている[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]