月とすっぽん

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は笑わせるつもりで書かれました。
寛容な心でお読み下さい。

月とすっぽんとは、水面に映ったとすっぽん、さて、どちらが月でどちらがすっぽんでしょう?という、間違い探しクイズである。

概要[編集]

よく似ているが全然違うという意味であるが、全然違うのであればよく似ているとは言えない気がする。

つまりこれを言い出した人物は見た目だけで判断しており、肝心の中身を見ていないという風にプロファイリングされる。

見た目だけで判断する人にとっては「月とすっぽん」はほとんど差が無いという意味になる。

生物学的に言うと、月には骨や筋肉、血管や血液、細胞も無いし、呼吸のような生命活動自体が無いので、死んだすっぽんほども生物学的要素を持ち合わせていないと判断される。

天文学的に言うと、すっぽんは地球に含まれている僅かな質量でしか無いので誤差の範疇とされ、まず考慮される事は無い。

量子力学的に言うと、どちらもスケールが大き過ぎるので、まず考慮される事は無い。

錬金術師的に言うと、どちらも構成物質が%で導き出される。

関連項目[編集]