日本の税制改正

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

日本の税制改正(にほんのぜいせいかいせい)とは、経済や社会情勢の変化に合わせて国税地方税の税率や課税対象を見直すことである。税目を新たに新設したり、廃止したりする場合もある。

例年、各省庁が8月末に改正要望などを財務省などへ提出する。しかし国民負担の増減に直結するとの理由から、与党の税制調査会が省庁や業界団体の意見を聞いて必要性を判断し、12月与党税制改正大綱をまとめる。日本政府はこれに従って閣議決定した上で、翌年通常国会に関連法案を提出することになる。

関連項目[編集]