座敷わらし

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座敷わらし(ざしきわらし)とは、岩手県によく目撃情報がある精霊のような存在である。

概要[編集]

岩手県の旅館では、ご飯を備えておくと、オルゴールが鳴ったり(ご飯を備えてくれたお礼と思われる)や、写真には心霊写真みたいにオーブや白い光として現れることもある。また、ある心霊番組番組では、座敷わらしが近くにいるとおもちゃが勝手に鳴ったり、奇妙なものが映ったりしたこともあるそうだ。実際に目でみるといいことが起こるらしい。

走り回る足音が聞こえる、という事も。

その正体[編集]

幾つかの説がある。

  • 守護霊
  • 陸に上がった河童
  • 障害を持って生まれた子供説
    • 普段は座敷牢に幽閉されているのが時折外に出てきて目撃されるという説
  • この世に未練を残して死んだ人間の子供の霊説
  • [1]

脚注[編集]

  1. 座敷わらしの正体が判明!か?衝撃的な結果が明らかに”. ニコニコニュース (2019年9月18日). 2020年7月11日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク