岡部氏 (信長の娘)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡部氏(おかべし、生没年不詳)は、安土桃山時代女性織田信長隠し子と伝わる。

生涯[編集]

信長の隠し子で母親は尾張熱田中瀬村の「猫の目」と呼ばれた女性だという[1]。この猫の目の身分は不明だがかなり低かったとされ、そのため信長は生まれた娘を岡部又右衛門に預けて養女にしたという[1]乳母には千秋季忠の母親を付けたが、季忠もこの乳母も桶狭間の戦い前後に死去したという[1]。岡部又右衛門は大工として信長から重用されたが、この養女の行方はその後は不明である[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 歴史読本 『信長と26人の子供たち』P139

参考文献[編集]