原子力事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア原子力事故の項目があります。

原子力事故(げんしりょくじこ、英:Nuclear and radiation accidents and incidents)とは、原子力発電所などから放射性物質や放射線が環境中に放出され、環境が汚染される事だが、放射能漏れが無くても原子力事故として認識されている事故もあったりする。

概要[編集]

安全性が高いと印象づけられている原子力発電でも、不完全な人間が作ったシステムなためか、定期的に不具合が発生する模様。

歴史を通じてチェルノブイリ原子力発電所事故スリーマイル原発事故東京電力福島第1原発事故が有名であるが、他にも存在する。

代表的な原子力事故の一覧[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア原子力事故の一覧の項目があります。

その他[編集]

  • 原子力発電所は軍隊の基地のようには防衛されていないため、イラク原子炉爆撃事件のように、攻撃対象とされた場合への対処が危惧される事もある。
  • 原子炉を動力源とした原子力空母原子力潜水艦は、事故や戦闘で損傷した際に放射性物質を環境中に放出する危険性を常に伴っている。

関連項目[編集]