包丁男教会乱入事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

包丁男教会乱入事件(ほうちょうおとこきょうかいらんにゅうじけん)は、1987年7月25日、神奈川県川崎市で、包丁を持った男がガラスを破って教会に乱入し小学生ら六人を包丁で刺した事件。

概要[編集]

1987年7月25日の夕刊によると、午前4時10分頃、川崎市中原区の川崎バプテスト教会に刃渡り13センチの出刃包丁を持った精神分裂症の男がガラスを破って乱入。サマーキャンプで就寝中の子供たちを次々に刺した。牧師が新城駅前派出所から警官を呼んで来るが、男は、子供をこわきに抱えて刺し続けた。このため警官が発砲し男を射殺した。なお刺された子供たちは負傷しただけで、死んだのは犯人だけである。

報道では分かりにくい部分[編集]

精神分裂症は統合失調症の古い呼び方である。

派出所は今では交番と呼ばれる。

新聞は「サマーキャンプ」と報じているが、野外でのキャンプではなく、子供たちは教会に宿泊していた。日本バプテスト連盟の教会は「お泊まり会」などと称して、夏休みなどに子供たちを教会か牧師館に宿泊させる(キャンプよりもずっと安上がりな)行事を行う場合がある。

新聞報道は「逃げまどう小学生を次々に切りつけた」「メッタ刺ししていた」となっているが、少女一人が二十ヶ所刺されて重傷、五人は軽傷である。 犯人は、包丁でチクチク刺して子供たちをイジメる程度の刺し方をしていたようである。何度も刺された子供が死ななかったのはそのためである。

この事件をキリスト教的に分析する[編集]

人間の精神は分裂して複数になるようなものではない。一人の人に複数の精神が存在しているならば、悪霊が取り付いているのである。

悪霊に取り付かれている人間は、しばしば、異常な言葉を発したり、異常な怪力を出す場合がある。犯人は神を冒涜する邪悪な言葉を発しながら犯行に及んだに違いない。

悪霊に取り付かれた者の言動は、周囲の者に凄まじい恐怖を与える。発砲すれば弾が子供に当たる危険があったにも関わらず警官が警棒ではなく拳銃を使ったのは、警官も凄まじい恐怖を感じていたからに違いない。凄まじい恐怖から本能的に警棒ではなく、より強力な武器を使ったのであろう。

悪霊追い出しの経験が豊富な牧師ならば、もう少し上手な対応ができたはずである。「神学校で教わらなかったから悪霊追い出しなんて出来ません」では済まないのである。

YouTube 動画リンク

日本バプテスト連盟は、この事件を教訓に悪霊の問題に真剣に取り組むべきである。しかし対応は期待外れなもので「変な人だと思われたくないから、うちでは悪霊追い出しなんかしません」という無神論者のようなことを言う牧師ばかりである。

関連項目[編集]