初動負荷マシーン (B.M.L.T.カムマシン)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

初動負荷マシーンは、初動負荷理論に基づいた初動負荷トレーニングを実践できる唯一の[ソース求む!]トレーニングマシン。

概要[編集]

初動負荷理論の提唱者、小山裕史が代表の株式会社ワールドウイングエンタープライズが製造しているトレーニングマシン。

初動負荷施設(ワールドウイングFC店舗等)のウェブサイトでは表現にばらつきがあり、説明に一貫性がみられないが、初動負荷マシーンを使用しなければ初動負荷トレーニングは実現できないとの記述がある。同じく初動負荷トレーニングは専用の初動負荷マシーンを使用して行なうトレーニングとの記述もある。[1][2]初動負荷トレーニングの実践に関しては様々な意見があるが、専用の初動負荷マシーンがなければ実現できないとの意見が多数を占めている。この意見を裏付ける根拠として、上記初動負荷施設のホームページにその様な説明がされている。

さらに、プロ野球選手のイチローは初動負荷トレーニングを行なうためにアメリカ日本の自宅に初動負荷マシーンを設置している。[3]自宅以外にもマイアミ・マーリンズ時代にはキャンプ地に自費で専用コンテナに初動負荷マシーンを設置し初動負荷トレーニングを行なっていた。[4][5]

ソフトバンク内川聖一選手も2015年に初動負荷マシーンを購入、自宅に設置し初動負荷トレーニングを行なっている。[6][7]

このような状況を考えた場合、初動負荷トレーニングは専用の初動負荷マシーンなしには実現できないと言う解釈が現実的である。[1]

外部リンク[編集]

株式会社ワールドウィング

出典[編集]