万葉文化館

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

万葉文化館(まんようぶんかかん)は、『万葉集』を中心とした古代文化に関する文学館博物館の機能を併せ持つ総合文化拠点である。奈良県の県立施設であり、奈良県高市郡明日香村に位置する。

正式名は「奈良県立万葉文化館」であるが、通称として「万葉文化館」もよく使われている[1][2]

概要[編集]

次の機能を併せる総合文化施設として、2001年(平成13年)9月15日に開館した。

  1. 日本の古代文化に関する調査・研究機能
  2. 万葉に関する文化の振興を図る展示機能(万葉ミュージアム)
  3. 万葉集に関する情報の収集提供を行う図書・情報サービス機能(万葉図書・情報室)
  4. 発掘調査で明らかにされた文化財の保存
  5. 復原展示

基本事項[編集]

  • 名称:万葉文化館(奈良県立万葉文化館)
  • 所在地:〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
  • 交通:近畿日本鉄道橿原神宮前駅東口 2 番のりば 飛鳥駅行き(明日香周遊バス:赤かめ)「万葉文化館西口」下車(乗車時間約20分)
  • 開館時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日休館)、年末年始、展示替日。
  • 入館料:一般展示室・特別展示室は観覧無料
  • 日本画展示室の観覧料:一般600円 、学生(高校・大学)500円 、小人(小・中学校)、65歳以上(ただし県内在住者。要証明)300円。小・中・高等学校の行事利用は、観覧料無料。外国人観光客は、パスポート提示により観覧料が無料。

公式サイト[編集]

奈良県立万葉文化館

リファレンス・注[編集]

  1. 入館者数 計画の半数以下 - 万葉文化館奈良新聞、2018年12月28日
  2. 「令和」関連の万葉日本画公開産経新聞、2019年4月27日