ドラゴン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドラゴンDragon)とは、人間が生み出した空想の爬虫類。だが、実在しないとも言い切れないだろう?

概要[編集]

ラテン語ではドラコDraco)。伝説や神話、おとぎ話に必ずと言っていい程登場するのがドラゴンである。見た目は端的に言えば「デカイトカゲ」。襟が張っていたり、巨大な角が生えていたりして、「怪物っぽさ」が強調されていることが多い。なお中国圏のドラゴン「龍」は、西洋のドラゴンよりも体がひょろ長く、どちらかと言えば蛇に近い容貌である。まれに「竜」と「龍」を区別して使う場合があるが、一般的には同義。

おとぎ話の中では大抵勇者にやられる魔物、つまり噛ませ犬として登場する。神秘性が高い生き物であり、特殊な能力を身体に秘めていることが多い。北欧神話の英雄ジークフリートはドラゴンの返り血を浴びた為に不死身になったという言い伝えがある。

生物学的見地からみたドラゴン[編集]

他の爬虫類同様変温動物なので寒さに弱いとみられている。テレビゲームに登場するドラゴンは概ね冷気攻撃を弱点とする。ポケットモンスターではドラゴンは冷気に顕著に弱い生き物として描かれており、ドラゴンタイプのポケモンの殆どが冷気攻撃で4倍ダメージを受けて即死する。ちなみに同じ爬虫類をモチーフにしていながら冷気に弱くないポケモンもいるが、その辺はまあ、気にするな。

恐竜とドラゴンの違い[編集]

大昔、地球に棲息していた恐竜(や翼竜)とドラゴンは混同されることが多いが、両者の間には決定的な違いがある。それは火を吹くか吹かないかという点である。また、架空の生物であるドラゴンの中には、明らかに自分の体重を支えきれない翼で空を飛んでしまう物理法則を無視したドラゴンがいるが、現実世界に生きていた翼竜はしっかりと地球の物理法則に縛られているため相応に体が軽く、身体を支えられるだけの巨大な翼を持っていた。しかし近年の研究によってその飛べたと言われていた翼竜ですら現在の復元では空を飛べなかった可能性が浮上している。そういうわけで、空を飛べるのがドラゴンで、飛べないのが恐竜、飛べたかもしれないのが翼竜であると大雑把に定義してもいいかもしれない。

西洋と東洋[編集]

西洋においてドラゴンは主に悪役とされることが多いのに対し、東洋においては竜はそうとは限らない。