チェックアウトサービス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チェックアウトサービスとは、かつて短距離寝台特急で行われていたサービス。

概要[編集]

短距離寝台列車は、どうしても目的地への到着時間が早くなってしまう。その解決のため、9時まで列車の中で休めるというサービスだった。

1989年3月、寝台特急北陸のサービス拡大が図られたときに金沢行の下り列車のみ導入された。

当時の北陸は、金沢駅に6時33分に到着後、隣の東金沢駅まで回送。そこで9時まで寝台の中で休めた。更に、東金沢駅から金沢駅に無料で普通列車に乗れるサービスもあった。

しかし、1991年3月、チェックアウトサービスは終了してしまう。