タレント議員

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアタレント議員の項目があります。

タレント議員(タレントぎいん)とは、一般的に有名な俳優タレント国会議員となって政治家として活動することを言う。タレント政治家(タレントせいじか)とも言われる。

概要[編集]

議員に当選するためにタレント・俳優の知名度を生かし、マスコミに名前が売れている有名人を当選させようと政党が担ぎ出した議員をタレント議員という。昭和43年(1968年)の第8回参議院議員選挙において、横山ノック(当時は山田勇)、石原慎太郎青島幸男大松博文などが当選したのを皮切りに、昭和46年(1971年)の参議院議員選挙でもタレントが出馬して当選が相次いだ。その後もタレント議員のブームが相次いだが、さしたる政治活動も残せないまま引退したりした例も多かったため、再選されないケースもあった。

比例代表制が導入されると、タレント議員は減少した。自民党のタレント議員は名簿順位の下位に置かれたりして、多くが落選した。また小政党が生き残りをかけてタレント候補を擁立したりもしているが、こちらも落選するケースが目立つ。

タレント議員はあくまでその名前で売っているケースが多く、著名な政治活動の経歴は残せずに引退するケースが目立つ。