エノク

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エノクは、聖書中に登場する人物名。

  • エノク_(カインの息子) - 創世記4章17節でカインの子として登場し、カインは自分で建てた町の名をその子の名「エノク」と名付けた。
  • エノク_(ヤレドの息子) - 創世記5章18節でヤレドの子として登場し、5章24節で「神とともに歩み、神が彼を取られたので、いなくなった。」とされている。

関連項目[編集]


←→
曖昧さ回避のページです。
「エノク」は2つ以上の意味に使われる言葉のため、異なる用法を一覧にしました。お探しの内容に近いページをお選び下さい。