JAS39 (戦闘機)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JAS39とは、スウェーデンで開発された多目的戦闘機。愛称はグリペンで、その意味はグリフォンという伝説上の生き物、ライオンキメラである。

概要[編集]

小柄なデルタ翼の機体にカナードも付いているのが特徴。普段は山中に作られたトンネル等に隠しておき、緊急時には道路から飛び立つというコンセプト飛行場滑走路に先制攻撃を受けていても離陸できるように、という運用思想を元にした設計。

航続距離やステルス性能は低めだが、エンジン単発で小型軽量な機体に多彩な装備の組み合わせがあり、多様な任務に対応でき、コストパフォーマンスも良好で汎用性は高め。

幾つかの国に採用されているが、日本のF-Xで候補に挙がった事は無い。

参考動画[編集]

YouTube 動画リンク

主な登場作品[編集]

ゲーム
エースコンバットシリーズ
小説
ガーリー・エアフォース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア