EnpediaExtendedBlocking

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

EnpediaExtendedBlockingとは、謎の百科事典もどきエンペディアで使用される、謎の拡張機能もどきである。rxy様の力を最大限活用してできたと思われる。[1]ただ、中身はほとんど謎である。

機能[編集]

  • 接続情報からスパムボットを判定する。[2]
  • ページを保護していないのに「ソースを表示」と表示されるバグがあった。[3]
  • 第二種スパム検査(逆引きホスト検査)[4]
  • 名前空間ブロックかも?[5]
  • ページ,カテゴリ,名前空間単位のブロック[6]

実績[編集]

過去に記事ウソペディアなどで、編集合戦になった一部利用者に対してページ単位ブロックが実行されたことがある模様。エンペディアが他のウィキに比べても圧倒的に平和なのは、この拡張機能のおかげなのであろう。

関連項目[編集]

  • PxyBot - ウィキペディアで管理者を務めるrxy氏の「謎の管理者ボットもどき」
  • いせちか#自動ブロック - これもrxy氏の「謎の自動権限行使もどき」
  • 部分ブロック - ウィキメディア財団のプロジェクトで試験導入され始めている類似の機能。EnpediaExtendedBlockingの作者rxy氏がWMFウィキ群のスチュワードであることから、技術面で両者が無関係ではない可能性もあるが、実際に直接的な関係があるかは不明。

出典[編集]