Enpedia:ビューロクラット

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ビューロクラット (英:Bureaucrat、略:BC、bcrat) は、管理者と類似の利用者区分のひとつで、主に利用者アカウントに関する一部操作を行うことができる利用者のことです。

できること[編集]

利用者に3種類の権限の付与と除去
他利用者を管理者やビューロクラットにすることができます。またその逆の解除もできます。
また、同じ操作でボット用として作られたアカウントなどに「ボット」フラグの付与と解除を行うこともできます。
アカウントの利用者名を変更する
他利用者のアカウントの利用者名を変更することができます。
変更依頼は管理者への依頼で依頼すれば対応するかもしれません。

なお、エンペディア全体に対するグローバル関連の権限アカウント、現エンペディア以外のローカル権限は操作できません。アカウントの個人設定も操作できません。ビューロクラットの権限に関する詳細は特別:利用者グループ権限を参照してください。

ビューロクラットになる方法[編集]

Enpedia:追加権限保有審査で立候補するか、推薦され、審査に合格することによって権限が付与されます。

  • 合格条件
  1. 管理者在任期間が 3 か月以上
  2. 直近の審査に合格(現役であることを問わない)
  3. 審査員の 3 分の 2(66.67% (小数点第三位を四捨五入)以上)が合格判定を出す
    • 式: {有効合格投票÷(有効合格投票+有効不合格投票)}×100 = 合格判定率
    • 66.6650% の賛成→合格、66.6649% の賛成→不合格

主なビューロクラット[編集]

旧エンペディア
利用者名 就任期間 備考
オレリトーク / 履歴 2009年4月21日(旧エンペディア設置) - 2011年2月19日 旧エンペディア(1st時代)の運営者/創設者
オレソトーク / 履歴 2009年4月21日(旧エンペディア設置) - 2010年12月16日[1] オレリ氏のサブアカウント。旧エンペディア設置時のアカウント
Rxyトーク / 履歴 2010年8月10日 - 2011年1月18日[2]
2011年11月12日[3] - 2012年12月31日[4]
最初はオレリ氏による臨時?任命だったが、後にエンペディアの運営権変更/エンペディア譲渡により、運営者になったため、そのまま所属。
在任当時のアカウント名は Hosiryuhosi
Fievarstyトーク / 履歴 2010年8月10日 - 2010年12月9日 オレリ氏による臨時任命。2010年12月9日に辞任
SHINJIトーク / 履歴 2011年4月6日[5] - 2012年12月31日
現エンペディア
利用者名(各種リンク) 就任期間 備考
Rxyトーク | 投稿 | 投稿回数 | ブロック | 保護 | 削除 | 移動 2011年11月5日(現エンペディア設置) - 2013年7月20日[6] 現エンペディアの設置者。権限の所属は旧エンペディアから引き継いでいる。
2011年〜2013年在任当時のアカウント名は Hosiryuhosi

ビューロクラットの活動記録[編集]

その他[編集]

  • 旧エンペディアの設立初期においては、この権限は「運営者」と同等の効力を持っていました。
  • グループ権限の操作はスタッフでも可能ですが、こちらは特別:利用者グループ権限にある全グループ権限の操作が可能になっています。BC はその中で操作できるグループ権限は上述のとおり3つ[7]に限定されています。

脚注[編集]

  1. 2nd:Forum:権限除去に関する特別審議での議論により(閲覧権限必要)
  2. ウェブマスター」権限移行による。
  3. ウェブマスター権限が第2次スタッフに統合により再び所属
  4. エンペディア全体としては2013年7月20日まで所属
  5. 2nd:Enpedia:管理者の選考/SHINJI 20110322 Bによる(閲覧権限必要)
  6. スタッフ権限に移行
  7. ただし管理者にも所属していれば自分自身のみの対して「氾濫防止フラグ」の付け替えができるため実質4つになる。

関連ページ[編集]