007は二度死ぬ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

007は二度死ぬ(ゼロゼロセブンはにどしぬ)とは、映画007シリーズの一つで日本が舞台になった作品である。

概要[編集]

ボンドカーはなんとトヨタ2000GTである。007だけでなく、脇役の丹波哲郎も後に2度死ぬことになった。

ストーリー[編集]

冒頭では007の葬式が行われる。女好きの007が香港で女遊び中に銃で撃たれて死んだことにして重大な任務に就かせるためであった。

行方不明になった人工衛星の捜索で日本に行った007は、正体を隠すために偽装結婚で日本の漁村に婿入りし、人工衛星の行方を追う。

その他[編集]

やり過ぎなくらい日本的な内容である。

脇役のタイガーを演じた丹波哲郎は、後に自分の臨死体験もとに「大霊界」という映画を作ってしまった。