首都高速11号台場線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

首都高速11号台場線は、首都高速1号羽田線芝浦JCTを起点に、レインボーブリッジの上層を通り、お台場を経て、有明JCTにて湾岸線に至る、全長3.9kmの首都高速道路の路線。路線番号は11番。途中の出入口は、台場出入口のみが設けられている。湾岸線横浜・羽田空港方面より、首都高速都心環状線(C1)にアクセスする際は、この11号台場線か、9号深川線がよく使われる。

設備[編集]

横浜・羽田方面より都心にアクセスするための重要な路線であり、片側2車線、制限速度は全線で60km/hとなっている。ただし、都心環状線で渋滞が発生した場合の影響も受けやすい。

レインボーブリッジ[編集]

レインボーブリッジ 遠景.jpg

レインボーブリッジ上層によって海上を通過するため、直線区間が長く、分岐・合流もほとんどない(台場出入口、後述の芝浦PAのみ)。そのため実勢速度は80km/hを超える。なお、レインボーブリッジは2層構造になっていて、下層は一般道とゆりかもめが通る。

一般道とゆりかもめはレインボーブリッジ内で並走しており、極端な傾斜を避けるため、4分の3回転、角度にして270度を回るループ部分がある。これは、海上交通を確保するため高さのあるレインボーブリッジ内との高低差、実に30mを安全に走行するためであると案内されている。[1]。このループのため一般道は40km/h~50km/h制限となっているものの、速度超過が多く、覆面パトカー・白バイによる速度違反取締りが盛んな模様。

芝浦PA[編集]

芝浦PA内部

芝浦JCT付近に芝浦PAが設けられている。道路下の限られたスペースに設置してある都合上、PAへの接続部は半径12mの急カーブかつ10%の急勾配であり、特に大型車の通過時は十分注意するよう注意看板が設置されている。PA内部は自販機コンビニ形態になっており、飲料や軽食の自動販売機が並んでいる。そのほか飲食スペースを兼ねる休憩スペース、トイレ・情報コーナー、また駐車場奥に喫煙スペースが設けられているのみの、小規模なPAとなっている。