電通違法残業事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

電通違法残業事件(でんつういほうざんぎょうじけん)は、電通が2015年12月に過労自殺した高橋まつりさんら4人の社員に労使協定の上限を超える違法な残業をさせたとされる事件。2017年10月、東京簡裁は電通に対し、労働基準法違反罪として罰金50万円の判決を言い渡した。

文献[編集]

  • 『電通事件――なぜ死ぬまで働かなければならないのか』 北健一著、旬報社、2017年
  • 『過労死ゼロの社会を――高橋まつりさんはなぜ亡くなったのか』 川人博、高橋幸美共著、連合出版、2017年

関連項目[編集]