第5北川丸沈没事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第5北川丸沈没事故(だいごきたがわまるちんぼつじこ)とは、昭和32年(1957年4月12日広島県三原市佐木島沖で発生した沈没事故のことである。第5北川丸は広島県の瀬戸田で観光や参詣などを終えた行楽客を乗せて尾道市に向けて航行していたが、佐木島沖で暗礁に乗り上げて沈没し、113名が死亡する大惨事となった。原因は定員のおよそ3倍にあたる230名余りを乗せていたことであった。

外部リンク[編集]