知財創造教育

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

知財創造教育(ちざいそうぞうきょういく)とは、子供の創造性を育み、知的財産の活用や保護について学ぶ教育のことである。小学生の段階から新たな発見や思考の源となる創造性を育み、知的財産保護の重要性を発達段階に応じて理解してもらう取り組みで、全教科を対象とする。

  • 課題を見出し、どう解決するかを考えて実行する力。
  • 自分の思考を文章や絵で表現する力。

以上の力を重視し、社会科では高齢化社会の問題点を挙げ、解消するにはどのような社会システムが必要なのかを議論する。日本政府の知的財産推進計画2017では、「我が国にとって知的財産こそが競争力の源泉」と明記している。