朝霧2丁目バス停

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝霧2丁目バス停(あさぎりにちょうめばすてい)は、兵庫県明石市にあるバス停である。

概要[編集]

朝霧町のほぼ中心に位置する停留所。明石方面、神戸学院大学方面、明舞団地方面などへのバスが主に発車する。

バス停構造[編集]

乗場は計2か所。最寄駅は大蔵谷駅で、徒歩10分。

  • 道路北サイド、神戸信用金庫横
    明石市朝霧町3丁目。神戸学院大学・明舞団地方面へのバスが発車する。
  • 道路南サイド、カルチャーオカモト前
    明石市朝霧町2丁目。明石方面へのバスが発車する。

発車するバス[編集]

【廃止】明石銀座方面[編集]

山陽電車との並行路線。現在は、徒歩10分の大蔵谷駅から山陽電車を利用可能。

【廃止】市役所経由 明石駅行(山陽バス 67系統)
  • 乗り場:朝霧川沿い、地蔵付近
  • 本数:無し
  • 次の停留所:朝霧1丁目
明石市街に向かっていた路線。
2000年4月開設、2021年4月の改正で廃止となった。


【廃止】黒橋経由 明石駅行(明石市バス 朝霧線)
  • 乗り場:朝霧川沿い、地蔵付近
  • 本数:無し
  • 次の停留所:朝霧1丁目
国道2号線経由で、明石市街に向かっていた路線。
2000年4月の改正で、上記市役所経由の便に代替される形で廃止。


明石方面[編集]

明石市中心部に向かうバス。なお、大蔵谷駅まで徒歩10分であり、大蔵谷駅から山陽電車を使う手もある。

明石駅・市役所・がんセンター方面(神姫バス 80,81,82,84,85,86,88系統)
  • 乗り場:カルチャーオカモト前
  • 本数:毎時6本
  • 次の停留所:朝霧丘
明石駅に向かうバスで、最も本数が多い。
現在でも本数が多い方だが、かつてはもっと多く、明石市バスから神姫バス・山陽バスに移管された2012年3月改正がピークで毎時12本運行していた。その後減便傾向にある。


神戸学院大学方面[編集]

伊川谷町有瀬方面へ向かう路線。

神戸学院大学方面(神姫バス 84系統)
  • 乗り場:神戸信用金庫横
  • 本数:夕方以降運行
  • 次の停留所:朝霧3丁目
伊川谷町有瀬方面に向かう路線。
2012年3月に新設。当時は日中も毎時1本運行していたが、その後減便された。


明舞団地方面[編集]

旧明石市バスで、本数が多い。

【廃止】明舞北センター経由 朝霧駅行(山陽バス 60系統)
  • 乗り場:神戸信用金庫横
  • 本数:無し
  • 次の停留所:朝霧3丁目
旧明石市バス明舞線。明舞団地内を時計周りで巡回し、朝霧駅へ向かっていた。2012年3月時点では毎時1本運行していた。しかしその後、2021年4月改正で廃止された。


明舞団地方面(神姫バス 80,81,82系統)
  • 乗り場:神戸信用金庫横
  • 本数:毎時5本
  • 次の停留所:朝霧3丁目
旧明石市バス明舞線。明舞団地へ向かう。現在でも本数が多い方だが、かつてはもっと多く、明石市バスから神姫バス・山陽バスに移管された2012年3月改正がピークで毎時6本運行していた。2017年10月改正で5本に削減された。


【廃止】松が丘5経由 大蔵谷清水方面(神姫バス 87系統)
  • 乗り場:神戸信用金庫横
  • 本数:無し
  • 次の停留所:朝霧3丁目
旧明石市バス朝霧線。
かつては、松が丘5止まりであった。1996年に朝霧駅の便まで延伸され、2012年3月の改正で毎時1本に増発された。2017年10月で大蔵谷清水方面への循環路線になった後、2020年4月改正で廃止された。


【廃止】大蔵谷清水経由 朝霧駅行(神姫バス 88系統)
旧明石市バス朝霧線。朝霧駅へ最短経路で結ぶ路線であった。
かつては本数が少なかったが、2012年3月の改正で、毎時1本に増発された。2017年10月で上記87系統に代替される形となり、廃止された。


周辺の他の交通手段[編集]

沿革[編集]

明石市バス時代は、明石方面-朝霧2-明舞団地方面、朝霧駅方面、銀座方面の3ルートに分岐する停留所であった。

  • 2012年3月 - 銀座方面-朝霧2-明舞団地方面の系統を新設。
  • 2019年4月 - 明石方面-朝霧2-銀座方面の系統を廃止。
  • 2021年4月 - 銀座方面-朝霧2-明舞団地方面の系統も廃止、これにより朝霧2-大蔵海岸-市役所間が廃止となる。

利用状況[編集]

停留所周辺[編集]

朝霧町の中心で、周辺は市街地になっている。

出典・脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]