朝日アルミ産業

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝日アルミ産業(あさひあるみさんぎょう)は、岡山県総社市のアルミリサイクル業者[1]。鉄骨平屋約1800平方メートルの工場を持つ[1]

アサヒセイレンの子会社であり、総社市にあるアサヒセイレンの岡山工場の管理、運営を担っている。製鉄用のアルミ脱酸剤を製造する[2]

2017年の火災[編集]

2017年4月5日、工場内の機械上部より出火して天井や壁など30平方メートルを焼く火事があった。ダクトが高温になり、堆積していたアルミ粉末が燃えたのが原因であった。従業員6人が作業中であったが、負傷者はなかった[1]

2018年の爆発事故[編集]

平成30年7月西日本豪雨による大雨で工場内のアルミニウムと雨水が反応し、工場一帯を巻き込んだ爆発事故が発生した。

朝日アルミ産業爆発事故」を参照

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. 1.0 1.1 1.2 県内 火災相次ぐ 真庭 2日連続死者 今年5人目=岡山 2017.04.07 読売新聞 大阪朝刊 27頁 写有 (全1,339字)
  2. 工場ルポ/朝日アルミ産業/アサヒセイレンの脱酸剤拠点/幅広い製品、5キロから/2015.07.07 日刊産業新聞 11頁 非鉄 (全1,611字)

関連項目[編集]