日米地位協定

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日米地位協定(にちべいちいきょうてい)とは、日米安全保障条約に基づき、日本に駐留するアメリカ軍や軍人・軍属の法的地位、基地の管理・運用を定めた協定である。公務中の犯罪はアメリカ側が第1次裁判権を持つと規定し、1960年に発効した。協定実施に伴う刑事特別法は日本の法令で罪となる事件は日本側が捜査できると定めている。アメリカ軍の財産の捜索や差し押さえなどの強制捜査にはアメリカ側の同意が必要となる。