新馬

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新馬(しんば)とは、

  1. 新しい
  2. 馬術競技大会などに未出場の馬。
  3. 競馬において競走未出走の馬。本項目で記述。

日本の競馬において、一定の範囲の馬齢(2・3歳馬)の競走馬であって競馬会登録のみでレースに出走した経験のないものをいう。新馬のみが出走することができるレースを新馬戦(しんばせん)という。新馬戦の賞金額は未勝利戦より若干高く設定されており、また新馬戦を勝つことを新馬勝ちといい競走馬としてのひとつのステータスともなっている。

中央競馬[編集]

複数のG1優勝馬が同じ新馬でデビューした例[編集]

のちに日本のGI・JGI競走および中央競馬の旧八大競走で優勝することとなる競走馬が複数出走していた新馬戦は以下のとおり。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. この2頭は翌年の東京優駿(日本ダービー)で1着2着を占める
  2. 2.0 2.1 どちらも京都競馬場で菊花賞当日に行われた芝1800メートルの競走であり、この2競走[2]および翌年以降に同条件で施行される(された)競走[3][4]は「伝説の新馬戦」と称されている。

出典[編集]

  1. 「RACING DATA BASE 今月の記録室『第68代日本ダービー馬にジャングルポケット』」、『優駿』、日本中央競馬会、2001年7月、 144頁。
  2. 内尾篤嗣 (2010年9月17日). “2010年度版 伝説の新馬戦” (日本語). ブログ報知. 報知新聞社. 2012年12月28日確認。
  3. 3.0 3.1 3.2 【京都新馬戦】超良血クランモンタナ“伝説”継承だ!” (日本語). スポーツニッポン2011年10月21日). 2012年12月28日確認。
  4. 4.0 4.1 4.2 伝説の新馬戦シーザリオの子がV/新馬戦” (日本語). 日刊スポーツ2012年10月22日). 2012年12月28日確認。

関連項目[編集]