憧れのあの娘が突然迫ってくるんだが、どうしたらいい?

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

憧れのあの娘が突然迫ってくるんだが、どうしたらいい?』(あこがれのあのこがとつぜんせまってくるんだが、どうしたらいい?)は、天草白による日本ライトノベル作品。イラストはけこちゃ

概要[編集]

2012年8月18日に一迅社文庫より刊行されたライトノベル作品。天草白による『MAGIの天星姫』に続く一迅社文庫からのライトノベル作品。

ストーリー[編集]

川瀬春道は憧れの先輩桐原真白がいる科学部で活動している男子高校生。ある日を境に真白を筆頭に様々な女の子から迫られるようになる。

登場キャラクター[編集]

川瀬 春道(かわせ はるみち)
本作の主人公。男子高校生。私立七草学園の二年生で科学部に所属している。一年生の時に真白の姿を見て見惚れ、科学部に入部することを決意した。
桐原 真白(きりはら ましろ)
七草学園の三年生の女子。科学部の部長。頭脳明晰、容姿端麗だが変人。巨乳でスタイルが良い。特撮好き。
科学部でロボット工学を専門に研究しており、コンクールで入賞などもしている。その他にも様々な研究をしている。
姫乃木 千花(ひめのぎ ちか)
春道の幼馴染の女性。中学時代は陸上部に所属しており、全国大会にも出場していた。高校では春道と同じ科学部に入部する。
穂村 紅莉(ほむら あかり)
科学部の新入部員で七草学園の一年生の女子。真白とは中学が同じであり、真白のことを「お姉さま」と呼んで慕っている。真白に近づく男は敵視しており、春道には毒舌。
波摩 まなみ(なみま まなみ)
科学部の顧問をしている女性教師。みなみの姉。20代らしいが、童顔で下手をすると中学生や小学生に間違われる。天然な性格でアホの子扱いをされるが、科学の知識はある。頭にはリボンをつけており、小柄だが胸は大きいロリ巨乳。恋愛経験がなく、処女なのを気にしている。
波摩 みなみ(なみま みなみ)
まなみの妹。春道の同級生で科学部の一員。
烏丸(からすま)
ロボットバトルコンテストの決勝で真白と戦った相手。東の桐原、西の烏丸と称される天才工学少女。

関連項目[編集]

私立七草学園(しりつななくさがくえん)
春道たちの通っている学園。
七草学園科学部
七草学園で科学の研究を行っている部活。昔は部員が多かったが十年前にとある事件があって部員が減少。真白が入部して優勝や入賞を果たしたことで見直され、部員数は9名となっている。
ロボットバトルコンテスト
通称「バトコン」。ロボットコンテストの一種で真白は去年優勝している。

単行本[編集]

一迅社文庫一迅社)より刊行。全2巻。

巻数 初版発行日 ISBN その他 サブタイトル
1 2012年5月1日(2012年4月20日発売) ISBN 978-4-7580-4325-0
  • 序論 放課後の部室で俺が(川瀬春道のケース1)
  • 本論I 放課後の部室で先輩と(桐原真白のケース1)
  • 本論II 授業中の保健室で幼なじみと(姫乃木千花のケース)
  • 本論III 真夜中の地下室で後輩と(穂村紅莉のケース)
  • 本論IV 早朝の保健室で先生と(波摩まなみのケース)
  • 本論V 放課後の屋上で先輩と(桐原真白のケース2)
  • 結論 翌日の部室で三人が(川瀬春道のケース2)
  • あとがき
2 2012年9月1日(2012年8月18日発売) ISBN 978-4-7580-4360-1
  • 序論 いつもの部室で俺が(川瀬春道のケース1)
  • 本論I 文化祭で同級生と(波摩みなみのケース)
  • 本論II 怪しい薬で先輩と(桐原真白のケース1)
  • 本論III 仲直りのために後輩と(穂村紅莉のケース)
  • 本論IV 初デートで先輩と(桐原真白のケース2)
  • 結論 翌日の部室で憧れのあの娘と(川瀬春道のケース2)
  • あとがき

関連項目[編集]

外部リンク[編集]