山梨小学生失踪事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山梨小学生失踪事件(やまなししょうがくせいしっそうじけん)は、2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場「椿荘オートキャンプ場」にて小1女児が1人でテントを出たまま行方不明になった事件である。

概要[編集]

女児は事件当日、家族や友人ら約30人と2泊3日の予定でキャンプ場を訪れていた。警察や消防、自衛隊が最大時に1日に300人態勢で捜索活動を展開したが、10月5日になっても発見できていない。衣類や所持品なども見つからず捜索は難航を極めている。

事件の経過[編集]

  • 2019年9月21日、山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」で成田市の小学1年生が行方不明となり、山梨県警や消防など約70人態勢で捜索している[1]
  • 2019年9月25日、山梨県は24日に自衛隊派遣を要請し、隊員が150人体制で捜索に加わる。
  • 2019年9月28日、陸上自衛隊は9月28日正午に捜索活動を終了した[2]
  • 2019年9月29日、大渡キャンプ場から道志川付近を中心にして、これまで捜していなかった空き家を中心に捜索を始めた。警察、消防のほか、地元の消防団やボランティアなど97人態勢となっている。
  • 2019年9月30日、家族から提供を受けた写真を山梨県警察が公開した。
  • 2019年10月7日、警察は10月6日をもって大規模な捜索を一旦打ち切ることを決めた[3]。これまでに延べ1,700人が捜索に当たっていた。同日、登山経験が豊富なメンバーを含む有志でつくるボランティア団体が新たに設立され、ボランティア団体による捜索が開始された。

事件の余波[編集]

  • 2019年9月29日、捜索するボランティアが崖から転落し、腕や手首を骨折したが自力で下山した[4]
  • 2019年10月1日、ボランティアで捜索に参加していた東京都練馬区の男性が子グマ2頭に遭遇し、逃げようとして転倒し骨折した[5]
  • 2019年10月5日午前8時半ごろ、取材中のテレビ朝日のカメラマン男性が沢に転落し、鎖骨を折るなどの重傷を負った[6]

参考[編集]