履いてください、鷹峰さん

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

履いてください、鷹峰さん』(はいてください、たかみねさん)は、柊裕一による日本漫画作品

概要[編集]

月刊ガンガンJOKER』にて2019年2月号より連載。

ストーリー[編集]

白田孝志は、ある日完璧な生徒会長である鷹峰高嶺の秘密を知ってしまう。高嶺が下着を脱ぐことで失敗をなかったことにする能力があることを知った孝志は、高嶺が能力を使うことで消失する下着の着替えをサポートすることとなってしまう。

登場人物[編集]

白田 孝志(しろた こうし)
本作の主人公。友達もおらず、影の薄い男子高校生。高嶺とは小中高と同じ学校だが、特に交流はなく仲良くなりたいと考えたこともなかった。だが、ある日のこと高嶺の着替えを偶然見てしまう。そのことがきっかけで高嶺が下着を脱ぐことで高嶺が一番になるために失敗したことをなかったことにする能力「未だ穢れ知らぬ乙女」があることを知ることとなる。そして、高嶺に脅される形で高嶺の能力で消えた下着を履き替えるためのクローゼットとして働くこととなる。以後、高嶺からは白田君以外に二人きりの時には「クロ田君」と呼ばれるようになる。
悪戯されたり、時には優しくされたりするうちに徐々に高嶺のことを目が離せなくなっていっている。
鷹峰 高嶺(たかみや たかね)
本作のもう一人の主人公でメインヒロイン。学業・運動共にトップの成績で一年生時から生徒会長に就任している。黒髪ロングの巨乳。
自分のことをあらゆる面で一番にふさわしいと自負しており、そのための努力は怠らないが、ミスをしてしまったときには自らの能力「未だ穢れ知らぬ乙女」によって一番であり続けている。能力を使うたびに下着が消えてしまうため、自らの消える下着を履き替えるためのクローゼットとして孝志に働くことを提案。悲鳴をあげて孝志が強姦魔と勘違いさせる状況を作り、悲鳴をあげなかったことにする代わりに孝志にクローゼットとして働くことを認めさせた。
小学校の頃に捨て猫だった「クロ」を拾っているが、そのころに孝志がクロに牛乳をあげている姿を覚えている。当時の高嶺はシャイな女の子だった様子が見受けられる。

用語一覧[編集]

未だ穢れ知らぬ乙女(エターナル・バージンロード)
高嶺の持つ能力。高嶺が下着を脱ぐことによって、したことをなかったことにすることができる。小学5年生の時のチーム対抗リレーのときに直前に食べていた弁当が痛んでいたことで2位になってしまったときに、屈辱感から失禁して下着を脱いだ時に初めて能力が発現して、弁当を食べなかったことにして気づくと1位になった。能力が発現すると脱いだ下着は消えてしまう。また、高嶺の胸を生で見ると「あったこと」の記憶が残ってしまうため、孝志は高嶺の能力に気づくこととなった。
クローゼット
高嶺が能力である未だ穢れ知らぬ乙女を使う際に消える下着の着替えをサポートさせるために孝志が引き受けることになった役割。

単行本[編集]

スクウェア・エニックスガンガンコミックスJOKER〉より発売。

タイトル 初版発行日 ISBN 備考 サブタイトル
1 2019年9月21日(2019年9月21日発売[1] ISBN 978-4-7575-6313-1
  • 第1話 私のクローゼットになりなさい。
  • 第2話 満足するまでやり直させて。
  • 第3話 見たいか、見たくないか、教えてほしいの。
  • 第4話 ちゃんと口にして欲しいの。
  • 第5話 ありがとう
  • 第6話 ドン感しないで、ビン感して。

脚注[編集]

外部リンク[編集]