宮沢明子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

宮沢 明子(みやざわ めいこ、英:Meiko Miyazawa、1941年5月10日 - 2019年4月23日)はピアニストである。ベルギーに在住し、欧州で活躍していた。

概要[編集]

  • 1941年5月10日、神奈川県三浦郡逗子町(現在の逗子市)生まれ[1]。父は熱烈なクラシック・ファン、母はピアニストの音楽一家。
  • 2歳8カ月でピアノを弾き始めた。
  • 横須賀の清泉女学院で、元ピアニストでスペイン人修道女のマドレ・カルメン・ペニアに師事。クレメンティのソナチネやアルベニスの小品のレッスンを受ける。
  • 1951年、桐朋学園「子供のための音楽教室」に入室。井口愛子に師事。石浜和子、寺西昭子井口基成井口秋子斎藤秀雄の教えも受ける。
  • 1955年、全日本学生音楽コンクール全国第一位、文部大臣賞受賞。
  • 1956年、パリから一時帰国した憧れのピアニスト、田中希代子の前でピアノを弾いた。
  • 普連土学園中学校・高等学校から桐朋学園大学音楽科に進学。1957年、1958年、1959年と毎日音楽コンクール(現・日本音楽コンクール)に連続入選。
  • 1961年、渡米し、エール大学音楽部、ジュリアード音楽院で学ぶ。サッシャ・ゴロドゥニッキー(Sascha Gorodnitzki、1905~1986)に師事。
  • 1963年、ジュネーヴ国際音楽コンクールで1位なしの2位受賞。本選ではリストのピアノ協奏曲を弾いた。
  • 1964年、ヴィオッティ国際音楽コンクールピアノ部門金賞第1席受賞。ニューヨーク市で故ケネディ大統領追悼コンサートのソリストとして選ばれる。
  • 1969年、ハイドンピアノソナタ全集(全62曲)を録音(世界初)。
  • 1973年、モーツァルト・ピアノソナタ全集(全17曲他)を全曲録音。
  • 1978年、NHK教育テレビ『ピアノのおけいこ』で好評を博す(~1979年)[2]
  • 2019年4月23日、脳梗塞のためベルギー・アントワープの病院で死去。78歳[3]

人物[編集]

  • 時期は不明であるが、ベルギー人のカメラマンと結婚している[4]
  • 手が小さくてピアノを弾くのに向いていないとも言われたが、母からは「大きな手で弾く大味な音のピアニストにならないでね」と言われたという。
  • ピアニストの中村紘子に対し、強いライバル意識を持っていたと言われる[5]

[編集]