固定価格買い取り制度

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia-logo.pngウィキペディア固定価格買い取り制度の項目があります。

固定価格買い取り制度(こていかかくかいとりせいど)とは、再生可能エネルギーで発電した電気の全ての量を一定期間、国が定めた価格で大手電力会社が買い取る仕組みのことである。買い取り価格は太陽光や風力、地熱といった電源の種類ごとに必要なコストと利益を見積もって決め、買い取り費用は電気料金に上乗せされている。東日本大震災とそれに伴う東京電力福島第1原発事故後の平成24年(2012年)から開始された。発電事業者が収益予想を立てやすくなり、再生可能エネルギーの普及が進んでいる。

外部リンク[編集]