北條周作

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

北條 周作(ほうじょう しゅうさく、1921年大正10年)生?)は、「この世界の片隅に」の登場人物。主人公・浦野すずの夫である。

人物[編集]

子供の頃、人拐いに誘拐されたときにすずと知り合い、後に結婚する。

呉鎮守府の軍法会議録事(書記官)として働く文官であり、結局戦況が悪化しても戦地に向かわないまま終戦を迎えた。戦後は広島市内の新たな職場へ通勤している描写がある。

朝日遊郭の遊女・白木リンの元へ足しげく通っているが、すずもそれを察しているような場面がみられる。反面、周作もすずが水原哲への思いを捨てきれていないことを理解している。