勾配計算

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

勾配計算(こうばいけいさん)では、勾配に対応する角度を以下の通り示す。

勾配基準[編集]

勾配(単位は%) 角度(単位は度)
1 0.57
2 1.15
3 1.72
4 2.29
5 2.86
6 3.43
7 4.002
8 4.57
9 5.14
10 5.71
12 6.84
15 8.53
20 11.31
25 14.04
30 16.699
40 21.80
50 26.565
60 30.96
70 34.99
80 38.66
90 41.99
100 45
110 47.73
120 50.19
130 52.43
140 54.46
150 56.31
160 57.995
170 59.535
180 60.95
190 62.24
200 63.435

参考[編集]

500%
78.69度
1000%
84.28度

角度基準[編集]

角度(単位は度) 勾配(単位は%)
1 1.75
2 3.49
3 5.24
4 6.99
5 8.75
10 17.63
15 26.79
20 36.397
25 46.63
30 57.74
35 70.02
40 83.91
45 100
50 119.18
55 142.815
60 173.21
65 214.45
70 274.75
75 373.21
80 567.13
85 1143.01
90

計算方法[編集]

水平方向に対する垂直方向の距離を勾配のパーセント表示にあたる。パーセント表示にあたる。 そこで、角度をθとし、パーセント表示をpとするならば、 構文解析に失敗 (MathML、ただし動作しない場合はSVGかPNGで代替(最新ブラウザーや補助ツールに推奨): サーバー「https://api.formulasearchengine.com/v1/」から無効な応答 ("Math extension cannot connect to Restbase."):): {\displaystyle p=100\tan{|\theta|}} で求められる。

参考リンク[編集]