人工無能

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人工無能とは、主にテキストを用いた会話をシミュレートするコンピュータプログラムである。
一見知性を感じることもあるが、インプットされた文章からキーワードを抽出し、内部のデータベースとマッチングして応答を返しているため、それほど複雑な処理をしているわけではない。

概要[編集]

本来の機械学習は、ニューラルネットワークなどを使う場合が多のに対し、人工無能はマルコフ連鎖や形態素解析などの技術を用いて実装されることが多い。

また、人工無能は、設定されたシナリオの中から最も適切な回答を導き出すことができる。

人工無能のメリット[編集]

Seq2seqなどの機械学習型のチャットボットは、多くの会話のデータを蓄積することで会話の制度を向上させていく。しかし、会話のデータが少ない場合に相手の意図と異なる回答を返したり、会話が続かなくなるといった問題がある。それに対し人工無能は、ユーザーのニーズを捉えたシナリオが作成できてさえいれば、質問に対して的確な精度の高い返答をすることができる。

このように、機械学習型チャットボットは多くの会話経験が必要なのに対し、人工無能は少ないデータで会話を成立させることができる。


本当に無能か[編集]

人工無脳だから使えない、機械学習だから賢いということでもなく、使い方によって有能にも無能にもなり得るため、「無能」と決めつけることはできない。

人工知能への定義[編集]

元々人工知能は定義が曖昧なため、「会話を成立させることができる」という要素から、人工知能への定義ができる。


関連項目[編集]