京大天皇事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京大天皇事件(きょうだいてんのうじけん)とは、昭和26年(1951年11月12日京都大学で発生した事件である。

概要[編集]

事件当日、昭和天皇が京都大学を訪問したが、この際に京都大学の自治会(同学会)が「平和の歌」を歌って天皇を出迎えた上、天皇に対して先の太平洋戦争の戦争責任を問う質問状を渡そうとして警備の警官隊と小競り合いを起こした。事件後に大学当局は自治会を解散させ、学生8人を無期停学処分にしている。