二葉山トンネル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二葉山トンネル(ふたばやまトンネル)は、広島県広島市東区トンネル

広島高速5号線中山出入口 - 広島駅東口出入口間の大部分を占めるトンネル。建設に当たって地盤沈下が懸念されたため、地元住民や日本共産党党員、日本地質学会会員の越智秀二らが反対運動を行った。このため、地盤沈下の抑制に優れているシールド工法を採用することになった。

現在、2020年の完成を目標に建設が進められている。