フランケンシュタイン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

フランケンシュタイン(英:Frankenstein)とは、古いファンタジーSF小説、およびそれに登場する研究者の名前である。

概要[編集]

しかし大抵はその研究者が作り出した怪物を指して用いられる。「フランケンシュタインの怪物」略して「フランケンシュタイン」である。

あらすじ[編集]

墓を掘り起こして集めた死体の肢体を繋ぎ合わせて作られた、一種のゾンビ。そのゾンビが活動を開始すると、作った当人はなぜか怖くなって逃げ出してしまう。

ゾンビは誰からも養育等を受けられず困ってしまうが、独自研究でいろいろと情報を掘り起こして知識を集める。集めた知識を繋ぎ合わせたところ、一つの目的が生まれる。それはゾンビを作った当人を探し出して殺す事である。

こうして作られた者と作り手側との闘争が始まり、最終的には北極海まで逃走、お互いに殺し合い終焉を迎える。

対策[編集]

何か作る時はそれに対する天敵は常に用意しておくものである。それを怠ったのが悲劇の原因と考えられる。

活動を開始した段階では相手は全くの無知。格闘性能も赤子同然と思われ、殺すのであれば活動を開始した直後が適切だったと考えられる。つまり逃げる事を選択したのが選択ミス。逃げるのではなくその時に立ち向かって殺していれば、逆に北極海まで逃走する事は無かったと考えられる。

次はでも用意してから実験するのが妥当だと思われる。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク