テンプレート:おすすめピックアップ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

織田 信包(おだ のぶかね、天文12年(1543年) - 慶長19年7月17日1614年8月22日))は、戦国時代武将大名織田信長の実弟。父は織田信秀で4男。母は不詳。名の信包は信兼とも表記される。通称は三十郎(さんじゅうろう)。受領名は上野介。官途は民部大輔・従三位左近衛中将。晩年に剃髪した際に老犬斎(ろうけんさい)と号した。長野工藤氏家督を継承していた時期があり、この際の姓名は長野 信良(ながの のぶよし)である。江戸時代前期に丹波柏原藩の初代藩主となる。…

ここに呼び出す説明文 『 テンプレート:おすすめピックアップ/doc 』 が作成されていません。