サラディン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サラディン (1137年 -)とは中世のイスラム圏を治めていた王である。

概要[編集]

1187年、十字軍に支配されていたエルサレムを奪還。それに対してヨーロッパからは、英、仏、独を中心とした最強の第三次十字軍が送られてくるが、サラディンは第三次十字軍との和平を締結する。

捕虜を放免し、敵の病院が存続することを認め、キリスト教徒がエルサレムに巡礼することを許すなど、寛大な政策を取った。

イスラム圏だけからでなく、欧米からも評価の高い人物である。

イラクの元大統領、サダム・フセインはサラディンをとても尊敬していたという。

登場する作品[編集]